2005年08月30日

アサヲ妊娠4ヶ月の頃 C

そんなこんなのドタバタで、楽しみにしていた懇親会が退院日となってしまい、泣く泣く断念することに。遠足もいけなかったので、せっかくママさん連中と親しくなれるいい機会だったのになあ。残念。

そういえば前回タケえもん妊娠時も5ヶ月で入院しました(腐った油で揚げたコロッケを食べてやや食中毒をおこし、尻から下血がノンストップになったため)。私の妊娠はどうやらこの4・5ヶ月くらいが鬼門のようです。

入院中体を動かさなかったので、退院してからというものひどい便秘になってしまいました。そして案の定便秘が解消されると同時に、血!血!血!の嵐。トイレでふんばってしまったので、3日連続で出血。それが妊娠4ヶ月のフィナーレを飾りました(切ない・・・)。

今回の入院で一番心配だったのは、やはり薬。熱を下げるために1度だけ解熱剤を飲みましたが、お薬110番(http://www.jah.ne.jp/~kako/)によると、妊婦は服用しないのが望ましいみたいに書かれていて・・・。でも先生は「4ヶ月真ん中くらいで赤ちゃんの臓器はほぼ完成していたので、薬による影響はないです」と太鼓判を押してくれた。もちろん先生が出してくれたお薬はみな、妊婦にも安全なものなのだけどね。やはり心配になって自分でもいろいろと調べてみちゃいました。

そんなこんなで怒涛の妊娠4ヶ月。もういいかげん落ち着いてくるよなあと思いきや、5ヶ月目にはさらにバージョンアップ(?)した病魔大王がやってくるのです。

アサヲ妊娠5ヶ月の頃 @へ続く→
posted by アサヲ at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠4ヶ月の頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アサヲ妊娠4ヶ月の頃 B

入院となった私のところへ、保育園から戻ってきたタケえもんがやってきました。ところが、なんだかほっぺが異常に赤い!これは、ひょっとして・・・りんご病!?そういえば最近保育園で流行っていると掲示板にもかかれていました。しかも、今回の風邪は熱のみで他の症状(喉の痛みや咳、鼻水など)が全くなく、それもタケえもんと一緒。つまり・・・私もりんご病?すごく心配になってすぐさま先生に聞いてみることに。すると、妊婦がりんご病にかかると胎児にも影響が出ることがある、ということでした。ただ、タケえもんはりんご病の特徴である手足や体の発疹が見られず顔のみで、しかも夜にはほとんど薄らいでいたので本当に短時間顔が赤くなってただけでした。だからりんご病かどうか不明です。そもそも、顔が赤くなるといった症状はりんご病の末期らしいので、そうなると感染はしないはずとのことなのです。なので結局私もりんご病だったかどうかわからず仕舞い。でも赤ちゃんはエコーで見てみるととても元気にしていたので、大丈夫でしょうとのことでした。余談ですが、りんご病(?)のタケえもんはほっぺが「ポッ」とまるで照れたように赤く、とてもかわいかったです(ちなみに大人は例え感染してもほっぺは赤くならないそうです)。写真とっておけばよかったー。

今回の入院は急だったので、読みかけの本とかを持ってくることもできず、熱が下がってからはとても退屈でした。なのでひたすら寝てたのですが、入院生活といえば楽しみなのが<飯めし>。病状が回復してきたときに食べるご飯は格別です。しかも今回は産婦人科。産み終わった人とも同じメニューなはず!期待に胸を膨らませてごはんを待ちわびました。がっ・・・

「ま、まずい」

そうなんです。ご飯がとてつもなくまず(><)かったんです。タケえもんを産んだ産婦人科ではご飯がとてもゴージャスだったので、てっきりそういうのを期待していたら・・・以前病気で入院した都立病院のご飯よりもいけてない!ひょっとして、私だけメニューが違うのかなあと、他の人のご飯をこっそり見てみるとやはりおんなじ。これはいったいどういことじゃー!つわり中ということを差し引いてもですね、どう味わってもおいしくない。別に私はグルメな人ではありません。でも、すき焼きがぬるいことはありえないでしょ!でも他の人もやはり同じ思いを抱いている(?)ようで、両親からお見舞い時にお赤飯やらから揚げやらの食べ物の差し入れを受けている人もいました(^_^;)そりゃそうさ、人生の中で一番か二番かの大仕事を終えた人にとってあのご飯じゃあやりきれんでしょ。

ご飯のことを除けば、看護婦さんは優しいし病室も清潔感があり特にいうことなし!といった感じでした。しかし、分娩費用がさほどかわらず(ひょっとすると安いかも)ご飯もレストラン並み、おみやげもてんこ盛り!のタケえもんを産んだところがフラッシュバックしてきてしまい、この病院で出産予定でしたがこの入院で考えを変えました。

家からは近くて便利なんですがね・・・。恐らく一生で最後のイベント。やはり贅沢したいです〜。

Cへ続く
posted by アサヲ at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠4ヶ月の頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アサヲ妊娠4ヶ月の頃 A

この頃は妊娠初期だからか、下痢と便秘を繰り返していて、便がでるたびに出血(´へ`)そのうち「あぁまたか」なんて慣れっこになっていく自分が少々怖くもありました(^_^;)
遠足の疲れからか、タケえもんは風邪をひいてしまったようです。でも症状は微熱のみ。本人も元気そうにしているのでそう心配もしていなかったのですが・・・。タケえもんが治りかけたなあと思った忘れもしない6/9(木)、自宅で仕事をしていた私はなんだか妙にだるさを感じました。お迎えに行き、家に戻るとだるくてだるくて立っているのもしんどいほどです。おかしいなと思い熱をはかってみると37度後半。うっ、ひょっとしてうつされたかも?滅多に熱を出すことのない私は平熱も低めなので、37度を超えるとかなりつらいのです。妊婦なので薬を飲むこともできないので、とにかくひたすら体を休めて寝ることにしました。

ところが、翌朝、熱は下がるどころか38度台にアップ!こういう時どの病院に行くべきか本当に悩むところですが、やはり妊娠しているので、かかりつけの産婦人科に行くことにしました。病院に着いた頃にはもうまともに座っていることもできず、待合室の椅子で横になっていました。心配した看護婦さんが休憩室に案内してくれて診察までそこで休んでいることに。熱もやはり38度あり、とにかく点滴を打ってもらって様子をみることになりました。その間は熱のせいで体中が痛く、特に腰や足の関節はガタガタです。寒いのに暑い!暑いのに寒い!毛布をかけて腰にカイロをあててもらい、おでこには冷えピタ。意味は違うけど「盆と正月がいっぺんにきた!」状態でした。

そして4時間後。大分体がラクになった感じがしたので、このまま帰る気マンマンでした。でも熱をはかったらなんと38.5度!下がるどころかさらに上昇していたのです。そしてやはり立ち上がると体中が痛くてまともに歩けません。先生も「このまま家に帰っても、ご主人が大変ですよ〜」などと、オイ!どっちの(私と夫の)心配してんだ!?ってな感じで。確かに、家に戻ったところで、病人の私の世話に加えタケえもんの面倒&家事をしなければいけない夫。でも入院となったらお金もかかるし、それに何よりタケえもんと離れるのは(ついでに夫も)寂しすぎる!だから最初はイヤダー!と抵抗してみましたが、最終的には夫に「頼む、入院してくれ(そのほうが楽だから)」懇願され泣く泣く入院することに(;-;)なりました。

でもこの選択肢は大正解。看護婦さんたちの手厚いケアのおかげで、熱は翌朝には下がり、体の痛みも徐々にひいていきました。本当は1泊2日でもいいくらいでしたが、様子を見て2泊することになりました。が、心配なことが起きたのです・・・

Bへ続く
posted by アサヲ at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠4ヶ月の頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アサヲ妊娠4ヶ月の頃 @

そろそろつわりも終わり、のはずなのですが、アサヲは一向によくなりませんでした。特に夜。18時あたりになるとだんだん具合が悪くなって、夕飯を作るのが大変。はじめての妊娠の時は、オットにご飯を買ってきてもらったり外で食べてもらったりしてしのいだけれど、今度は「おなかすいたー!」と容赦のない3歳児が一緒。作らないわけにはまいりませんっ。
そこでアサヲは台所に椅子をおくことにしました。料理の合間、少しの時間でも座っていられると楽です。

6月に入ってすぐ、子供の遠足がありました。場所は動物園。レッサーパンダも見たいし、それを見た子供がどんな表情をするのかも見たい、新しい保育園に入って初めての行事。ぜひともついていきたい、一緒に楽しみたい!とは思うものの、バスや電車での長時間の移動に今は耐えられそうもなく・・・まだ出血もたびたびあったので、泣く泣く断念。かわりにとーちゃんが行ってくれる事になりました。保育園に入園して丸2ヶ月、普段遊んでいるおともだちやそのお母さん方の顔と名前を覚えるいい機会でしたが、残念です。

でも翌週、クラスの役員さんが企画してくれた親睦会があるので、それに参加できればいいやと思っていました。が、それにも参加できない事件がおきてしまったのです。

Aへ続く
posted by アサヲ at 19:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠4ヶ月の頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くるくる元気!活発な赤ちゃん

妊娠4カ月(12〜15週)

赤ちゃんの大きさ
-------------------------------------
身長 約15センチ 体重 約100グラム
-------------------------------------

4カ月の半ば(13週)ごろには内臓や手足などの器官がほぼ完成。超音波の写真も、この頃がもっともかわいく、まるでキューピー人形みたいに写るでしょう。皮膚はまだ透明な赤色だけれど、産毛が生えてきたりしてより一層赤ちゃんらしくなってきました。検診時、エコーで赤ちゃんを見るとくるくる動いてまるで宇宙遊泳しているみたいです。

つわりもだんだんとおさまってくる人も多く、食欲も出てくるので体重調整に気をつけましょう。

4ヶ月の後半になると胎盤が完成するので、体も安定してきます。そうなると不思議と精神的にも落ち着いてきます。こうやって少しずつママになる準備ができてきているんですね。
posted by アサヲ at 14:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠4ヶ月の頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。